埼玉県の朝霞市・志木市で活動しているヴォーカルアンサンブル。オリジナル・ポップス・唱歌・童謡を唄っています。コンサート依頼はこちらまで 2007.crescendo@gmail.com


by crescendo_chorus

<   2012年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧


アトマンモスさんによる自主映画の開催のご案内です。是非足をお運びください。


---------------------------------------------------------------------------------------

沈丁花の仄かな香りが漂い、春の気配が感じられる頃
~3/11~
はそんな気分になるのに。。 今では恐怖と悲しみのメモリアルデーとなってしまった。
東日本大震災は私達に尋常じゃない大きな揺さぶりをもたらした。今まで経験したことのない感覚に戸惑いながら過ごしたこの1年間を、意志を持って振り返りたいと思った。

しっかりと地に足を着け、これからの新しい価値観の中で逞しく、優しく生きていく!その礎を築くためにも。

自分の中でそんな気持ちが湧いてきた時、二人のドキュメンタリー映画監督と一緒に自主上映を開催しよう!との話が降ってきました。

☆伊勢真一監督☆
『奈緒ちゃん』『白い花はなぜ白い』『ありがとう』など多くのヒューマンドキュメンタリーを監督。今月『大丈夫―小児科医・細谷亮太のコトバ』がキネマ旬報文化作品賞を受ける。

☆鈴木七沖監督☆
サンマーク出版取締役BT編集部編集長
遺伝子工学の世界的権威、村上和雄のドキュメント『SWITCH』監督で人間の潜在意識を探った作品は全国で自主上映され反響を呼んでいる。


★伊勢監督の作品『風のかたち―小児がんと仲間たちの10年―』
小児がんと闘う子ども達の生きる力に向き合ったフィルムは「再生」という希望を語りかけてくれる。混沌とした今だからこそ、生きる意味を再確認し、命ある奇跡に感謝したい。


◆日時…3/3(土)13:30開場 14:00開演
◆会場…東京ウィメンズプラザホール (渋谷区神宮前5-53-67 青山ブックセンター本店のビル)
◆参加費1500円(収益の全額をSMSサマーキャンプに寄付)
◆主催…七つ風
上映後、主催の鈴木監督と伊勢監督のトークライブがあります。




★伊勢監督最新作『傍―3月11日からの旅』

風光明媚な宮城・吉田浜に伊勢監督のミュージシャン仲間、苫米地サトロさんが住んでいる。
『風のかたち』のテーマ曲を唄う彼は奥さんや仲間達と被災地で「あおぞらFM」 を立ち上げ、日々被災された方に向けて全身全霊で情報を発信し続ける。月命日に津波で逝ってしまった方のお名前を呼ぶことで、生きている者への励ましに感じる。果てないような瓦礫や遺恨が残る中で祈る人々の傍でスクリーンを通して黙祷を捧げたい。

◆日時…3/11(日)18:30開場 18:45開演
◆会場…いきいきプラザ一番町 カスケードホール
http://mobile.enjoytokyo.jp/
03-3265-6311
東京都千代田区一番町12 B1
◆参加費…前売券1000円。当日券1500円。中高生500円。(収益の全額を緊急災害FMあおぞらに寄付します)
◆主催…プロジェクトK∞
いせフィルム0334069455

◎上映後、伊勢監督のトークライブがあります。

この一年は一人一人にテーマを与えてくれたように思えます。
『絆』や『愛』という字が活きて心にスタッとハマったのを実感してます。
涙が暖かく流れるのを感じたり、人の手から気持ちを受け取ったり・・・
今に生きる自分を愛しく思えるような。。。
『いのち』は生きるほうへ向かうんだと思えるように、丁寧に生きていきたいです。
哀悼の気持ちと再生への決意の場をご一緒しませんか。
------------------------------------------------------------------------------------

3月11日。
一日一日がどんなに大切か思い出させてくれる日でもあります。
忘れないようにしたいと思います。

MIHO
[PR]
by crescendo_chorus | 2012-02-29 16:44 | MIHO

底上げ↑ジャパン↑

お久しぶりです~。



投稿が遅れてしまって…見ていただいていた皆様、すみませんでした042.gif



今日は、アトマンモスさんつながりで「底上げジャパン」の代表、



矢部寛明氏の講演会に行きました。



震災直後から東北に行き、心と体すべて使ってボランティアをしてきた活動を



写真を見ながら、お話いただきました。



彼は義務とか責任ではなくて、「本当にやりたいことをやっている」自信に溢れていました。



あったかいけど、どこか面白い?!可笑しい??



でも、これが「可笑しい」事でなくなった時、日本が底上げされているのかもしれません。



もうすぐ1年が経ちますが、まだまだ援助が必要なことも学びました。



矢部ママの葉子さんがまたユニークでパワフル。超つきぬけてます。



その超つきぬけ子育て「ありのままでいる」唯一無二の存在を、



おおらかに楽しく育てる!ということを教えていただけました。



周りの人も大切にできる源流を見たようでした。



さて、クレッシェンドの活動ですが、今はどうしても母としての活動が必要なので、



いますこしお休みをしています。



こういう「時」もまた、大切だと考えています。




MIHO(ミホリーヌ)
[PR]
by crescendo_chorus | 2012-02-22 16:25 | MIHO